技術の進化!側弯症には手術以外の治療方法もある

女医

静脈瘤とは

脚

病気の原因は静脈の血液が逆流するから

下肢静脈瘤とは、脚の静脈にコブができる病気のことを言います。このコブは良性のコブとして知られているのです。その為、治療をせずに放置する方も少なくありません。ただ、むくみや怠さなど日常生活に影響を及ぼす症状があらわれる場合もあります。更に合併症に至る場合があるので注意しましょう。合併症として有名なのがうっ滞性皮膚炎や皮膚潰瘍です。エコノミークラス症候群に発展することもあります。下肢静脈瘤の原因としては静脈の血液が逆流することが挙げられるでしょう。ふくらはぎの筋肉を利用して脚の血液を心臓までお繰り返します。そして、静脈には弁がついており、弁が正常に動かなくなると血液が逆流してしまうのです。血液が静脈を逆流してしまうことがこの病気の原因とされています。

静脈瘤には様々な種類があります

妊娠や出産が原因となり下肢静脈瘤を発症する場合があります。妊娠中は静脈が弱くなるからです。これは妊娠中のホルモンバランスの変化が原因とされています。静脈が弱くなることで弁が壊れてしまい、静脈に血液が逆流してしまうのです。また、赤ちゃんが成長すると、静脈に圧力がかかるので血流が悪くなります。立ち仕事を続けている場合や肥満なども病気になる原因として知られているのです。そして、下肢静脈瘤には様々な種類があります。大伏在静脈瘤や小伏在静脈瘤、側枝静脈瘤や網目状静脈瘤などが有名です。このような種類の静脈瘤の多くが静脈の血液が逆流してしまうことが原因なのです。基本的に静脈瘤は放置していても問題ない場合が多いですが、早期に治療を施すことでより健康に生活することができるでしょう。