技術の進化!側弯症には手術以外の治療方法もある

女医

治療について

レディ

一般的な精神的及び身体的な症状

癌性腹膜炎は腹腔内の癌細胞が散らばることによって症状が現れます。一般的に発熱や呼吸困難、嘔吐や衰弱などの症状が有名でしょう。また、腹水が溜まるので、腹部膨満感が発生するのです。下腹部の痛みなども起こり、下痢や排尿困難などの症状も現れます。そして、腸閉塞は癌細胞が町へ転移することによって発症することがあるのです。末期がん特有の苦痛として身体的、精神的な苦痛が生じるでしょう。抗がん剤を使用することによって、痛みなどを和らげることができますが、副作用も出るでしょう。癌性腹膜炎の場合は様々な苦痛が伴う恐ろしい病気なのです。このような苦痛を伴うことでストレスが生じ、うつ病を発症してしまうことがあるので注意しましょう。一般的には腹腔内の癌が進行することで発症すると言われているので、早期発見が大切になります。

適切な治療を施すことが大切になる

癌性腹膜炎の治療方法としては対症療法が一般的です。この病気は根治が難しいと言われており、症状を和らげる治療を施します。基本的に末期癌と同じ扱いがされるので、延命を目的とした治療がメインになってくるのです。末期癌は根治が困難とされ精神的、身体的な症状にたいして一時的な処置を施します。腹水を採取することで癌性腹膜炎の診断を行うことができるのです。正しく診断を行うには1リットル程の腹水を採取する必要があるでしょう。また、腹水は利尿薬を使用して減らします。癌を患うと痛みがでますが、鎮痛剤などで痛みを和らげる治療を行っていくのです。経口での栄養補給は困難な場合が多く、殆どの場合で点滴を利用します。基本的に癌性腹膜炎の有効な予防方法はなく、最初のガン手術で腫瘍をしっかりと取り除くことが大切になってくるでしょう。