技術の進化!側弯症には手術以外の治療方法もある

病院
レディ

治療について

癌性腹膜炎は根治が困難な病気として有名です。一般的な症状としては発熱や呼吸困難などが挙げられるでしょう。基本的に症状を和らげる治療を行い、延命を図るのがメインになるのです。

治療について

看護師

前方法と後方法という方法がある

側弯症の手術を行うことで、病気の治療を行うことができます。基本的にこの病気は胸椎から腰椎にかけての変形が、40度以上の角度になっている場合は手術が必要になってくるのです。手術の方法としては前方法と後方法に分かれます。前方法の場合は腹部側から切開し、後方法なら背中から切開するでしょう。手術方法として、前方法は直接、椎体を矯正することができるので出血量が減ります。また、後方法は背中から切開するので、比較的容易に椎体の矯正を行うことができるでしょう。一般的には後方法を利用します。

患者に掛かる負担を減らすために

以前までは側弯症の手術を行った後に、何ヶ月もギブスで固定する必要がありました。ですが、現代の技術の進歩と共にギブスをする期間も減ってきているのです。場合によってはギブスが必要でない場合もあります。基本的に技術の進化と側弯症の手術を行った後に、患者に掛かる負担は減っていくでしょう。現在ではまだまだ手術の時間や、手術後のケアが十分とは言えませんが、確実に負担は減ってきています。このまましっかりと技術が進化していることで、より安心して手術を受けることができるようになるでしょう。

ギブスなどで固定する方法を利用

側弯症の治療としては手術以外の治療方法も利用することができます。まず有名なのがコルセットなどの装具療法です。曲がった脊椎をコルセットなどで矯正します。軽い運動なら支障はないでしょう。また、体操などによる治療方法もあります。基本的に運動療法はコルセットなどの装具療法をサポートする役割りとして用いられるでしょう。また、ギブスを使用した矯正治療もあります。コルセットよりも矯正力が強いと言われており、重度の側弯症の場合に利用されるでしょう。このようにいくつかの治療方法があります。

脚

静脈瘤とは

下肢静脈瘤は静脈の血液が逆流することで発症する病気です。一般的には放置していても問題ありませんが、早期発見し治療を施すことでより健康に生活することができるようになるでしょう。

医者

免疫を利用

大阪で注目されている癌治療の方法として、免疫療法が挙げられます。免疫を利用するので副作用もあまりなく、効果が長期間持続するのが最大の特徴と言えるのです。世界的にも注目されています。